男女

新しい面接のカタチ

最近では「スマホ面接」を取り入れる企業が少しづつ増えています。この面接方法は、動画を送ってもらったりビデオ通話を利用して行いますので、お互いのスケジュールを合わせやすく、企業側にとっても労働コストを削減することが出来ます。

MENU

工数を削減できる

男の人と女の人

給与計算はIT化可能

働き方改革を行う企業が、大企業だけではなく中小の企業に広がってきておりますが、IT化を行うことで改革を進める動きも広まっています。この動きは経理部門でも広がってきており、給与計算システムをこれの契機に導入することを考える経営者も多いのです。中小企業では中々導入するためのきっかけがなく、手計算により経理担当者員が毎月多くの時間を使って行ってきた業務なのです。給与計算は毎月多くの変動要素もあり、毎年税法が変わることで、計算も変わるものですが、それはルール化されやすいことも特徴としてあげることができます。こうしたルール化しやすく計算も多いものは、IT化に適した業務でもあるので、給与計算システムは導入しやすいとも言えるのです。給与計算システムを導入することで、初期設定をきちんとすれば、毎月の計算処理に対する工数を大幅に削減することができます。最近では銀行などともオンラインでつながりますので、社員ごとの銀行口座に対して、毎月決まった日程で振り込みも可能になっています。また給与明細を電子化し社員ごとに安全に配布する仕組みも、最近の給与計算システムでは取り入れられている機能です。給与計算システムを提供する企業と、保守契約を結ぶことで、毎年の税に関する計算の変更にも自動的に対応してくれるのです。このように給与計算システムを導入することで、中小の企業でも業務の効率改善に効果を上げやすくなり、結果的に働き方改革の一つになりやすいものです。