MENU

大規模災害に備える

婦人

社員の状態を把握する

企業では大規模災害を想定して様々な備えを行っています。例えば大規模な地震が発生した事を想定して社内で避難訓練を定期的に行ったり、救助に必要な道具の整備や非常食の備蓄などを実施しています。また地震はいつ何処で発生するか判りませんので、休日などに大規模地震が発生した際にスピーディーに従業員の安全状態を把握するのに安否確認システムを構築する事が必要です。これは従業員がスマートフォンやパソコンから安否確認システムのサイトにアクセスして、本人や家族のケガの有無や家屋の状況、そして避難先の情報などを登録する事が出来ます。そして会社側は従業員が登録した安否情報を確認して集約を行い、スピーディーに全従業員の安全状況を把握する事が可能となります。この安否確認システムはサービスを提供している会社と契約を結ぶ必要が有りまして、契約を行いますと会社のコード番号が設定されて従業員の氏名コードと紐づけして管理を実施出来るメリットが得られます。この安否確認システムを利用して訓練を行う事も可能ですので、休日に全従業員に訓練メールを発信して、実際に安否確認システムにアクセスして入力を行えるか会社で把握する事も可能です。大企業では全国各地に生産拠点を構えているケースが多いので、この安否確認システムを導入しますと離れた生産拠点で大規模な地震が発生した際にも、本社が現地の状況をスピーディーに把握出来るメリットが得られます。