MENU

消費税率について

社内

システム対応とその必要性

2019年10月より軽減税率の導入が予定されており、軽減税率の導入に合わせ企業では対策の準備を行う必要性が出ている。これまでの消費税では、3パーセントや5パーセントなど一律の税率となっている。その為、消費税計算は比較的行いやすい状況となっている。しかし、軽減税率では商品などにより税率が異なるという特徴がある。同じお店においても、ある商品では8パーセントであるが、別の商品では10パーセントとするなど管理が複雑になる。その為、多くの企業においては、軽減税率の導入に合わせシステムの改修や、新たなシステム導入などが必要となる可能性が有る。軽減税率に関するシステム改修などでは、システム規模により数百万円や数千万円など大きな費用が掛かる可能性が有る。また、軽減税率では商品などにより税率が異なるため、それらの設定を柔軟に行えるようにする必要性が出る。軽減税率に対応したシステム導入や既存システム改修では、システム規模などによっては多くの期間が必要となる可能性もある。その為、早めの対策を行うことが重要になる。軽減税率の導入やその品目が確定した場合には、多くの企業がシステム改修や導入などを急激に進める可能性が有り、対応が遅れると需要増により多くの費用が掛かる可能性が有る。軽減税率の導入においては、これまでのシステムが活用できなくなる可能性が有るため、軽減税率に対応したシステム導入の検討などを行なう必要がある。