MENU

新しい面接のカタチ

男女

会わなくても面接できる

新しい人材を確保し企業を成長させるためには、求人から採用までのプロセスがとても大切です。とはいえ、採用にあたって最も時間的・労働コストを費やすものが面接、選考作業なのではないでしょうか。そんな面接を行う際に、「スマホ面接」を取り入れてみるのはいかがでしょうか。面接にあたって応募者との予定を合わせるため自社にいなければいけない事や、選考が進むにつれ面接官が複数となり、採用基準にブレが生じ、選考に時間がかかる…など企業側の負担はかなり大きいものです。そんな悩みを解決してくれる方法が「スマホ面接」なのです。スマホ面接とは、動画やビデオ通話などで面接を行う方法です。このスマホ面接の最大のメリットは、「直接会う必要がなく、隙間時間で面接・選考が出来る」という点です。あらかじめ応募者に動画を撮ってもらい、それを企業に送付します。企業側は送られてきた動画を見て、コミュニケーション力があるか、快活であるか、などを判断することが出来ます。また、書類だけでは分かりにくい「英会話力」なども、動画のテーマを指定して送信してもらうことで確認できますので、非常に便利です。さらに、同じ動画を採用担当者間でシェアする事で、採用すべきかどうか同じ条件を基に判断できるため、ミスマッチが減少します。また、応募者側としても、遠方からの面接であれば交通費や宿泊費の負担が大きいため、スマホ面接を利用できることは大きなメリットとなります。よりよい人材を確保するため、また企業のブランディングとしてもぜひ活用してみてはいかがでしょうか。